スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンクロ。体験こそ一番の教育である。

昨日、ニューヨーク株式市場では、
アメリカ最大手のアップル社の株が売られ、

同社の時価総額が4130億ドル(約37兆6000億円)にまで減少したそうです。


この4ヶ月間で失われたアップル社の時価総額は、
およそ2500億ドル(約23兆円)と言われていますが、

これは日本で首位のトヨタ自動車の時価総額
(約15兆円)の約1.5倍にも達するのだとか。


今や、街中や電車内を見渡せば、
あらゆる人たちが同社のスマートフォンやタブレットを利用する光景を目にしますが、

時代を先取って、絶えず新しいモノやサービスを創出し続ける事は、
とても難しい事だという事を改めて実感する記事に思えました。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


さて今回は、ホロスグループ代表 堀井計によるブログをご紹介したいと思います。

【シンクロ。体験こそ一番の教育である。1月21日】

“伝統と革新の街・京都ではたらく社長のblog”
            
by 堀井 計

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

先週の土曜日に某京都に本社を構える
急成長企業の課長さん対象の研修をさせていただいたのですが。

いつも研修の冒頭のオリエンテーションで
受講生のカタガタにレクチャーすることがあります。

それは。

もし今の結果に満足していないとすれば。

その結果を変えたければ行動を変えること
(例えばダイエットをしたければ朝6時に起きて
5キロのジョギングを始めるとか。でもそれも始めたはいいけど
中々、継続することは難しく三日坊主で終わる場合も多いのが現実)


じゃあその行動を変えたければ何を変えなきゃならないかというと
それは「思考」を変える必要があると。

で、じゃあどうすれば行動を変えるほどの思考の変化が起こるかというと
それは「深い気づき」が必要だと。


でも行動そのものを変えるきっかけを与えるくらいの深い気づきは
「インプット」では起こらないのですよと言い切ります。
インプットでは所詮「浅い気づき」でしかなく
それでは中々行動まで変えるには至らないのだと。


このインプットとは何かと言うと
それはただ有難い話を聞く(レクチャー)とか読書という形で
文字から情報を得ることです。

行動に影響を与えるくらいの気づきを得るには
「アウトプット」、つまり聞くのではなく話ながら気づきだすとか
体験することで深い気づき、即ち「内発的気づき」が得られるのですと。

だから今研修はレクチャーよりもデイスカッションや
ロールプレイングなど皆さんが主体的にアウトプットする
プログラムになっていますと伝えます。

でなければ皆さんが現場に戻って行動することはまず無いからです。
行動しなければ結果が変わることは無く、
それでは研修しても意味が無いのですと。

これは行動心理学的にも既に検証されているのだということを
伝えることにしてるわけです。


前置きが長くなりましたが、要するに言いたいことは
「体験こそが一番の教育です」ということで。

教育というのはリアルな体験や研修でも
疑似体験をさせることで
いかに行動変革のきっかけを与えることだということです。

と常々思っていたら、
最近読んだ株式会社武蔵野の小山社長の著書「強い会社の教科書」の中で、
まさに同じことが書いてありました。


・自分で体験したことで覚えていることは90%
・見たことで覚えていることは60%
・読んだことで覚えていることは30%
・聞いたことで覚えていることは10%

人を育てるときは、「頭ではなく、体で教えるのが基本」ということです。
アウトプット(体験)させる仕組みを作ることが
教育の基本だということですね。

同行営業なども上司が見せるより
多少リスクがあってもやらせる(体験させる)ほうが
結果的には身に付くのが早いのも理解できるというものです。

なんて共感していたら今度は
今日の内藤忍さんのブログのタイトルが
『短期間に成果を出す人の共通点は、
「アウトプット」から考えること』とあり、
まるでシンクロしたように成果(結果)を出す人は
皆アウトプットから思考しているのだと書かれているではありませんか。↓
http://www.shinoby.net/2013/01/post-2863.html


内容は少し違うのですが、結果を出すキーワードは
アウトプットということで共通しています。


内藤さんのブログのアウトプット思考は、
まずやることを先に決めてしまえばそこから逆算して準備を始めるので
結果的にはその目標達成の角度が高まる、
即ちこれが常に結果を出す人の共通点だということです。

これはワタスの卑近な事例で言うと、
昨年落語ができるようになるために全くやったことない状態で
先に高座に上がる日時を決めてしまったことで
結果的にネタを覚え高座に上がることができたということです。


常に結果を出す人の共通するキーワードはすべからず
「アウトプット」(体験)ということを再認識し。

部下や受講生やお客様に限らず、常にアウトプット
(行動してもらう、聞いてもらうのではなく話してもらう)を心がけて
実践する営業や講師やマネージャーを育てる必要があるなと思った次第です。


その他、ホロスグループ代表 堀井計によるブログはこちら↓
http://kei-horii.seesaa.net


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


人が成長を遂げていく上で、
“体験”こそが、最も大きな割合を占めるというのは、
思わず「ふむふむ」と納得してしまいますよね。


INS-NAVI HITシリーズでは、
正にご出演いただいている講師一人一人の試行錯誤や体験を通じて、
お客様に対する“あり方”を導き出し、

その結果、沢山のお客様との信頼関係を気付き上げた“ノウハウ”を
可視化したコンテンツをご案内しております。

是非、皆さんの今後の活動に繋がる“気付き”や、様々な“体験”への
足掛かりとしてご活用いただければ大変嬉しく思います。

INS-NAVI HITシリーズ2013 http://www.ins-navi.net/hit/


特に昨年末にリリースしました最新作、

エキサイティングコラボシリーズ ドクターマーケット開拓編は、

「顧客となるドクターの方々が、成功するためのノウハウ」に繋がる
“有益な情報”を徹底的に洗い出した、超有効コンテンツとして、

沢山のお客様から大変ご好評いただいております。

エキサイティングコラボシリーズ ドクターマーケット開拓編↓
http://ins-navi.net/hit/alliance/dr.htm

ダイジェスト動画↓
http://www.youtube.com/watch?v=gtrA_mulrMg


又、なんと!!!

連動企画として来週31日より開催予定のドクターマーケットセミナーでは、
アライアンス関係を結ぶべく税理士の先生からも
内容に関するお電話でのお問い合わせをいただいております!

定員も残り僅かとなって参りました。

新たなマーケット開拓をお考えの方は、どうぞお早めにお申し込みください!
↓↓↓
https://www.ins-navi.net/hit/Dr_seminar/index.html


INS-NAVI HITがお届けするコンテンツ・セミナー等のリソースを
皆様が今後、更なる飛躍を遂げる為の“体験”の一つとして
新たに取り入れていただけたら大変嬉しく思います。

皆様の更なる飛躍を心からお祈り申し上げます。

コメント

非公開コメント

プロフィール

インズナビ

保険代理店経営支援 商品・サービス 案内サイト 【インズ・ナビ ヒット】
Author:インズナビ
INS-NAVIブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
人気DVD
★1位★
★2位★
セミナー情報
検索フォーム
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。