スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

需要の動機もPC化

最近、流行のスマートフォンタブレットPCで話題のAndoroidですが、遂に日本語版アプリにもマルウェアが混入というニュースが入りました。
Android用マルウェア、日本語版アプリにも混入 - ノートン コミュニティ 日本版
予想はされていた事ですが面倒ですね。

組み込まれたプログラムしか動かないフィーチャーフォン等からPCへ近づいて、ユーザーのメリットもPCに近づいていますが、デメリットもPCに近づいているという事でしょう。

もう一つは『オープン』という事もあると思います。
OSオープンですし、マーケット公式、非公式なものが点在している様(接続する側のハードには条件が有りそうですが)なので、有る程度出入り自由ですね。

PCも色んなところからファイルを取り込んだり出来るのでセキュリティーソフトを入れたり、ネットワーク内にファイアウォールを設けたりするわけです。

携帯電話網を利用するスマートフォンタブレットPC等の場合は、ハードウェアでファイアウォールは無理ですし、セキュリティーソフトを入れるという事になりますね。

当然、セキュリティーソフト常に起動しておく必要が有るはずですし、その分利用者に関係なくスマートフォンやタブレットPCに負荷はかかる事になります。
それを含めて利用者が行う作業の負荷がスマートフォン等に無理なレベルになってくると、動作緩慢になってきます。

で、それを解消するためにより高スペックな物に買い替える・・・、なにか需要の動機もPCに近づいてくる気がします。

全てを出来るだけオープンにする産物として色々と低料金で提供出来るという事ですが、副産物としてこういった事が発生してきます。

『クローズ』だと批判されたアップルApp Store等の仕組みですが、それがファイアウォールになっているとも考えられます、物は考えようです。
セキュリティーの一つは出入り口を少なくする事ですがらね。

オープン全てが『善』でクローズ全てが『悪』と判断するのは、単純すぎるのかもしれません。
オープンやクローズにこだわる事無く利用者に余計な負担をかけない仕組みを作って行ってほしい物ですね。


傀儡廻

テーマ : Android
ジャンル : 携帯電話・PHS

tag : セキュリティー スマートフォン タブレットPC Andoroid マルウェア オープンソース アプリ

コメント

非公開コメント

プロフィール

インズナビ

保険代理店経営支援 商品・サービス 案内サイト 【インズ・ナビ ヒット】
Author:インズナビ
INS-NAVIブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
人気DVD
★1位★
★2位★
セミナー情報
検索フォーム
リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。