スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回は長いですよ

はい発表されました、Appleタブレット『iPad』です。
知らない人には誤植に見えますね、『iSlate』とか『iTablet』とかの噂も有りましたが、語呂はiPadの方が良いかもしれません。

さてそのiPadですが、当たり前のように賛否両論です。
ただ、この時点で色々細かいコメントしている人達って私も含めてそうですが、ライトユーザーじゃない人の方が多いと思うので色々仕方ないなぁという事も有ると思います。
コンシューマー機としては面白いんでしょうね、私の場合『仕事で使いたい』と思ってしまうので少し微妙ですが。

ざっと見た感じの私の感想としては、立ったまま使うにはちょっと大きいかなって事と、日本の3G網を考えるとUSBドングルの3Gモデムが使えた方が色々なハードルが低くなる気もします。

カメラは付いていないんですが、セカイカメラとかの流行を考えると有った方が良かったんじゃないでしょうかね。

処理はとても早そうなのですが、マルチタスクではないようです。
メッセンジャー等のスタンバイしておく必要の有るアプリの為にもマルチタスクの方が良いと思います、これぐらいならヘビーとは言えないでしょう。

それから、iPhoneもそうですが、とFlashに対応してほしいですね。

アプリに関しては素晴らしいかもしれません。
iPhoneアプリがそのまま動きますし、Apple製Office SuiteiWorkが各9.99ドルらしいです、安いですね。

電子ブック端末としては、コンテンツ面で大手出版社がパートナーとして参加しているという事で、その他端末より一歩リードという感じでしょうか。

まとめると色々空気を読んでいないかの様な製品でAppleらしいなと感じますね、競合製品は先日CESで発表されたMicrosoft+HPのスレートではなくてやはりCourierでしょうね。

発表が『今』って事に関しては、良いタイミングなんじゃないでしょうか。
世間の話題的には大分待たされた感じもしますが、去年とかなら普通にネットブックと比べられて、『色々妥協するならネットブックでも一緒』ってなっていた気もしますし、先日のCESで多数のメーカーがタブレット端末を発表していて話題の土台は出来ていた上に、何処のメーカーも多くにシェアを握っていないので、大きく取り上げられたもん勝ちですもんね、狙っていたとしたら上手いとしか言えません。

これで、市場的にはApple vs Google+NVIDIAっていう構図が出来上がる気もしますが、実はiPadはGoogle+NVIDIAのタブレットとスマートフォンの間になると思います。
Google+NDIDIAのタブレットネットブック側からのアプローチで更にモバイルに最適化されていますが、Linuxという事もあってフル機能ですよね、でもiPadiPhone等スマートフォン側からのアプローチで更にPC的要素を入れましたって感じですが、フル機能には遠いです。
前にも書きましたが携帯とパソコンのパラドックスです。

どれも発売は少し先ですが、ユーザーからはどの製品がそのような評価を受けるか楽しみです、いつも長目ですが、今回はずいぶん長くなって申し訳有りません、何せAppleユーザーなものですから。


傀儡廻

テーマ : iPad
ジャンル : コンピュータ

tag : iPad Apple タブレット

コメント

非公開コメント

No title

電子ブック端末として手頃なサイズですよね。
あの産経新聞を読めるアプリが、使いやすくなりそうです。
プロフィール

インズナビ

保険代理店経営支援 商品・サービス 案内サイト 【インズ・ナビ ヒット】
Author:インズナビ
INS-NAVIブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
人気DVD
★1位★
★2位★
セミナー情報
検索フォーム
リンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。