スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電車内のマナーについて

さて、4月目前にしてようやく例年通りの暖かさが近づいて参りましたね!

春と言えば、お花見。お花見と言えばビール(でしょうか?)。

特急等、個々のシートがある車両だと、
ついつい仕事帰りに飲みたくなってしまう私です。。。

そこでお酒のお供として駅の売店で売られているおつまみ類。

モノによっては結構な匂いを放つ商品が売られていますよね。

お酒を楽しんでいる身としては、ありがたい味、香りではありますが、
休まれている方や、読書をしている方等、食事をとられない人にとっては、
迷惑な臭いだったりしますよね。。。

実は、乗車前にビールとつまみを買って
車内で飲み始めようとしたところ、

子連れの方が隣に座られ、、、

しかもそのお母さん、かなりお疲れのようでして、、、

結論を申しますと、買ったまま飲まず食わずで持ち帰りました。。。

残念な思いもありましたが、逆の立場になると、
結構、迷惑な臭いだなーなんて思った事もあるので、
ここはグッと我慢した私です。

でも、売店に売っているという事は
車内で飲んでも問題ないっていう事ですよね?
これはもしかしたら都合の良い解釈かもしれませんが、
少なくとも携帯電話で話す事は禁止で、食べたり飲んだりは特に規定がない。
線引きが難しいんでしょうけど、いっそ飲食を禁止するのも
車内マナーとしてはありなのかもしれません。

独り言になってしまいましたが、電車内では意外にも
他人の会話や音、臭い等、無意識に色々と感じるものがあるかと思います。

移動手段の一つとして利用するに過ぎませんが、
どうせなら気持ちよく利用したいですよね。

無理やりなクロージングではございますが、
改めて、売店の存在意義?について考えさせられた日のお話でした。
スポンサーサイト

花より団子か?

肌寒さも残る本日ですが明日以降は暖かい気候になり、
テレビの予報も花粉情報だけではなく開花予報も!
やっとこ花見シーズンが関東にも到来します。

花見で鑑賞する花の種類は
いわずもがな「桜」というのが一般的です。

ところで、なぜ「桜」なのかご存知ですか?

花見は、もともと奈良時代の貴族の行事が
現代まで受け継がれたものです。
とはいえ、そのころの花は「梅」を観賞していたそうです。
桜が主流になったのは江戸時代、8代将軍徳川吉宗のころだそうです。

桜は日本全国に広く分布しており
ある気候条件が整うと一斉に咲き始め、
2週間ほどで散ってしまうはかない花です。

短期間でいなくなってしまう“限定感”が
他の花よりも強い印象を残すのだそうです。

また早春の梅の時期は、まだ十分に寒く
桜の時期の方が体感的にも春を感じる気温になってくるのも
春の訪れを感じさせる風物詩となったゆえんです。

また、桜の花びらの色合いの美しさ、開花の短さが、
人のはかなさになぞらえられ、
季節の巡りをありがたく思う風習になったのでしょう。

桜や花見を題材にした古典芸能がたくさんあるのも
日本人の心にしっかりと根付いた慣習だからなのです。

日本人の血が花見を誘う!
まぁ、昨今は花より団子ですが…

さとう

寝る前のコップ一杯

皆さんは睡眠中に喉が渇いて目が覚める事ありませんか?

私は人よりも水分の吸収が早いので、
寝る前には特に多めの水を摂取して眠るのですが、
それでも乾燥した日が続く冬場などは特に、
何度も夜中に喉が渇いて目が覚める事があります。

お酒を飲んだ日は特に寝る前の水分が重要です。
お酒の分解には、水分が効果的ですし、
「飲みすぎたな」なんて思う日の晩は意識的に
多めの水を摂取すると、翌日の体調がだいぶ変わってきます。
これは私体験者として胸を張ってお伝えできる事なので、
お酒好きな方は、是非ともお試しくださいませ。

逆に水分を摂取しないと身体が渇き、
血液の循環が鈍り、場合によっては
身体が非常に危険な状態になると言われています。

コップ一杯の水分を補給をしておくだけで、
安眠にも繋がりますし、これから本格的な春に向けて
最も寝心地の良い時期がくるので、皆さんもできるだけ、
寝る前の「コップ一杯」を心掛けてくださいね。

それでは。

卒園式

私事で恐縮ですが
先日、長女が幼稚園の卒園式を迎えました。

そういうイベントがある都度、
我が家では身長をはかっているのですが
今回は118センチ。

どんどんでかくなるなぁと思っていたのですが
3年前の壁の印を見ると97センチ。
1メートルを切っていたのです。

3年間で21センチ伸びたのが
凄いのかどうかわかりませんが
親の気持ちとしてはスゴイ、えらい!
という気持ち。

そんな可視化される成長イベントも去ることながら、
普段ライフプランとかファイナンシャルプランって
言っている手前、
リアルに自分にイベントが来ると感動しちゃいます。

また、120センチになったら
猫を飼う約束をしていたのですが
あっという間にその時も来そうです。

さとう

今年のお花見は・・・

3月に入ってもまだまだ寒い日が続く今年…


ですがソロソロ花見の話題なんかがのぼってくる時期ではないでしょうか




東京都内にも、上野公園、代々木公園、日比谷公園、飛鳥山公園、井の頭公園・・・

などなど桜の見どころがいっぱい!!




しかしこう考えてみると、東京は何気に公園がたくさんありますね




一説によると、これらの土地はその昔、GHQの時代の空港跡地なんだとか・・・



本当かどうか知りませんが・・・









皆さんは今年はどこの公園でお花見されますか???



東日本大震災から早1年

東日本大震災から早1年。

時が経つのは早いものですね。

改めまして、
被災された方々に対して追悼の意を表すると共に
未だ見つからない数千名の方々が
一日も早く発見される事を心よりお祈りしております。

皆さん、防災対策はもうお済みですか?

大地震がいつ起こってもおかしくない今の状況、
決して他人事にせず、しっかりとした防災対策をお薦め致します。

まだまだ寒い日が続き、花粉量も日に日に増しているようですが、
どうか体調管理にお気を付けて、寒い日々を乗り越えてください!

目の痒み(花粉症対策)

この時期、花粉症の方は共感頂けると思いますが…
まさにキツイ目の痒み。

かゆみはもちろん、
涙が止まらなくなったり、目やにが発生したり
普通の生活をおくるのが困難なほど!

しかし痒いからといって、かいたり、こすったりすると
余計悪化してしまいますよね。

そこで、ちょっと対策を調べてみました。

目の痒みはまつげに付着した花粉が大きな原因の1つ。

外出するとまつげに多量の花粉が付着するので、
帰宅時は顔を洗い、
まつげの花粉も意識して落とすことを心がける。

またタオルも要注意!

外干しして花粉が大量についたタオルで顔を拭くと、
せっかく顔を洗っても花粉がまた顔に付き、
目に入り、かゆみの原因になるという負のスパイラル。


花粉症の目の痒み対策としては、
目薬、洗眼薬を使って目をすっきり洗浄することが一般的ですね。

これらで目のかゆみや、充血、涙目、眼病予防に効果的です。

また目の痒みや充血が激しいときには、
冷やしタオルをまぶたの上に
数分間当てる事を繰り返す方法もあるそうです。


局所に冷たい刺激を与えることで、
知覚神経の働きを一時的に鈍らせ、
(あくまで一時的に)痒みの症状を抑えることができます。


花粉症予防、特に目のかゆみを予防するには、
色々な花粉防止サングラス(メガネ)などが出回っていますが、
眼球全体を覆う商品を選ぶことも大切だそうです。

…と、調べてみると意外と対策があるものですね。
早速、顔(眉毛)を洗ってきましょか…

さとう

続々アマゾン出店 レポート②

HIT DVD アマゾンに出店しましたレポート②です!


先日リリースしたばかりの新コンテンツ
「果たしてアナタは生き残れるか!?
新規マーケット開拓法 キーワードは圧倒的差別化」

無事アマゾンに並びました!!


小




もちろんHITウェブサイトからも購入できますので、
どちらからお求め頂いても大丈夫なのですが、


「以前からアマゾンのお気に入りに入れていた
アレとアレのついでに…」


是非いかがでしょう!





ちなみに、DVDは大変な好評をいただいており、
リリース直後から連日注文が殺到しています!




実は気になっていらっしゃる皆さま、

特別体験価格で980円です!

でも気になるその内容は価格の何倍以上と
事務局一同、自信の一作!



ちなみに視聴動画はこちらです。


是非チェックしてみてください!

お客様をお迎えするマナー

先日、ワインの輸入業者による試飲会なるものが開催されており、
お酒好きの私は事前予約を図って、このイベントに参加してきました(恥)。

世界各国のワインがずらりと並び、その数ざっと150銘柄。

当然のように全ての銘柄を試飲させていただいたのですが、
全銘柄とも、香りから後味に至るまで、その全てが異なっており、
味わいの奥深さを改めて感じました。

ちなみに、一般的にワインボトルの形状ってどれも一緒ですよね。
この試飲会でもアメリカ、フランス、イギリス、ポーランド、アフリカ、
ギリシャ、トルコetc..と沢山の国のモノを出展しており、
どの国の瓶も同じ形状だったのですが、その中である国の瓶達だけは、
他のものとは違う非常にオサレな形状をしていました。
味も万人受けするようなやさしいお味で、値段もリーズナブルだったので、
思わず購入を検討しました。

ちなみに、どこの国のものかと申しますと「ドイツ」でございます。

気になったので、関係者の方にお話しを伺った上、
「購入を」と思っていたのですが、営業の方にボトルデザインについて
「なぜ、ドイツのものだけ特殊な形状のものが多いのですか?」
と聞いたところ、予想外の返答が返ってきました。

「本当ですよね、ドイツの製品はどういうわけか変わった形してますよね。」

って、、、

「知らないんかいっ!調べておきなさいよ、その位!」

なんて決して口には出しませんでしたが、
思わず買う気が失せて、購入はせず会場を後にしました。。
(※入場料は払っておりますので、罪は犯しておりません。)

皆様も、もう私が何を申したいのかお分かりかと思いますが、
商品を扱う者として、情報を事前にリサーチしておく事は
当然の事ですよね。こういった些細なことから
顧客離れが起きるっていう事を逆に気付かされました。

落ちもなく、ちょっと愚痴っぽいお話になってしまいました。。。
すみません!それでは!

ちなみにワイン自体は美味しくいただいたので、大変満足なひと時でした(笑)

エルティヴィーがプレス掲載されました

本日3月5日付の保険毎日新聞3面にホロスグループの
弊社、株式会社エルティヴィー(以下LTV)が掲載されました。
ltv2
ホロスプランニング マーケティング事業部からの歴史と、
LTVのビジョンを
笠原慎也 代表取締役社長が語ります。

詳しくはリンクのPDFをご参照ください。

PDFはコチラ
プロフィール

インズナビ

保険代理店経営支援 商品・サービス 案内サイト 【インズ・ナビ ヒット】
Author:インズナビ
INS-NAVIブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
人気DVD
★1位★
★2位★
セミナー情報
検索フォーム
リンク
カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。